女性は誹謗中傷に遭い易いって本当?

女性は誹謗中傷に遭い易いって本当?

女性がSNSやツイッターなどで、誹謗中傷の被害に遭い易いのは、男性に比べて比較的、率直に物を言ってしまうからではないでしょうか。

言い方をすれば素直に感じたままを述べてしまうので、反対の立場にいる人たちを、知らず知らずのうちに傷つけていることがあります。

インターネットは匿名性が高いので、そういうブログやSNSなどのメッセージを読んで、腹立たしいと感じた人が、その女性を誹謗中傷することはあり得るかも知れません。

それゆえに、万一、ネット上で誹謗中傷された場合には、感情的にならず、自身の発信しているメッセージに何か問題がなかったか、表現方法が率直過ぎやしなかったなど、振り返って考えてみてください。

また、ネット上で物を書く行為は、不特定多数に見られているのだということを忘れないようにしたいものです。

女性が誹謗中傷や悪口を書き込む理由

女性が誹謗中傷や悪口を書き込む理由

女性が誹謗中傷や悪口を書きこむ理由ですが、端的に言えば、内なる嫉妬心がそれらの迷惑行為に繋がっています。

人間なら誰しも多かれ少なかれ嫉妬心を持っているものですが、あくまで比較した場合、男性よりも女性の方が同性へのジェラシーが激しいです。

お金持ちのイケメン男性をお付き合いしている女優を見たら、嫉妬の炎が心の奥底でメラメラと沸き上がってしまう女性も少なくはありません。

特に自分が嫌いな相手が、自分の思い描く理想的な暮らしをしている様子を知った時、元々嫉妬心が激しい女性は、嫌いな女性のSNSに誹謗中傷の投稿をしたり、根も葉もない噂やまるで真実ではない悪口を、匿名掲示板などに書き込むケースがあります。

男性は誹謗中傷を受けることが女性より少ない?

男性は誹謗中傷を受けることが女性より少ない?

男性は誹謗中傷を受けることが女性より少ないかといわれると、そんなことは有りません。そもそも、どういうきっかけで誹謗中傷がなされるかというのは、個別事情によります。

そのため、誹謗中傷を受けるのが男性、女性のどちらが多いのかということは、議論する意味がありません。

そもそも、そういった統計があるわけでもありませんし、ネット上の書き込みをいちいち精査して、男性が被害に遭っている数が多いのか、女性が被害に遭っているのが多いのかということは調べる意味がありません。

きっかけとしては、男女間のもつれや単なるいじめややっかみなどが考えられますが、それらを行うのがどちらの性別に対して行われるのかは、一定ではないと言えるでしょう。