自分が誹謗中傷をされたとき、どう対処すべき?

自分が誹謗中傷をされたとき、どう対処すべき?

インターネットの普及に伴い、個人を対象とした誹謗中傷の書き込みが増え、その対処方法が課題となっています。最も多い案件が、SNSや匿名掲示板における根拠のない噂や悪評などの誹謗中傷です。

それによって精神的に大きなダメージを受けることも珍しいことではありません。自分の身に起こることも想定し、あらかじめどのような方法で対処するのかを考えておくことが重要です。

一番最初に取る行動は、誹謗中傷の書き込みが行われたインターネットのサイトへの通報です。また、書き込みをした個人が特定できる場合には法的対処も辞さない旨の警告を行うということも有効です。

インターネットは完全な匿名ではなく、書き込んだ個人を特定することも可能です。誹謗中傷の内容があまりにもひどい場合には速やかに警察への連絡も必要です。

誹謗中傷は弁護士に相談

誹謗中傷は弁護士に相談

インターネット上で誹謗中傷された場合は、直ちに弁護士に相談しましょう。誹謗中傷の被害に遭った時、多くの方々がその加害者に直接ダイレクトメッセージ等で、反論をしたり、誹謗中傷の文章の削除を申し込むのは逆効果です。

相手が誠実に対応する事例は極めて稀であり、相手が一方的に逆恨みをして更に激しい誹謗中傷文をSNSやブログなどにアップする恐れの方が高くなります。弁護士に相談すれば、そういった迷惑行為をやめさせられます。

また弁護士に相談する事で、なかなか重い腰を上げないインターネットプロバイダの企業も、誹謗中傷の文章を削除したり、加害者のブログやSNSアカウントを直ちに封鎖する等、いわゆる法律家の後ろ盾を得る事はとても効果が強いです。

誹謗中傷を発見したら削除依頼を先ず出す理由

誹謗中傷を発見したら削除依頼を先ず出す理由

誹謗中傷を受けたときには、まずは削除依頼を出しましょう。その理由は、もしサイト管理者がその削除依頼に応じてくれれば、特に法的な手続きをとる必要がありませんし、弁護士に依頼して裁判を起こす費用なども必要がないからです。

誹謗中傷の書き込みの削除に応じるかどうかについては、それぞれの管理者によってスタンスが異なります。また、申請方法も異なります。

そのため、まずはそれぞれのサイトがどのようなスタンスをとっているのかを調べたうえで、所定の手続きに従って削除依頼を出すようにしましょう。

もしそこで何らの対処もしてもらえない場合は、法的な手段を検討することになるでしょう。この点については、弁護士に相談すると、適切な助言を受けられるでしょう。