誹謗中傷が引き起こす被害

誹謗中傷が引き起こす被害

誹謗中傷が引き起こす結果は中傷を受けた本人の精神的な苦痛だけではありません。個人や企業の具体的な名前を挙げて事実ではない事を交えて中傷する事で経済活動に悪影響を及ぼす事もあります。

誹謗中傷を受けた相手が中傷した本人に損害賠償を請求をした場合は誹謗中傷による精神的な苦痛に対する慰謝料だけでなく、誹謗中傷によって起きた経済的な被害の補償を請求する事ができます。

他人を誹謗中傷した場合は相手から損害賠償を受けるだけでなく、侮辱罪や名誉棄損にあたると認められれば刑事責任を問われる可能性もあるのです。

他にも中傷の結果相手の団体や個人の業務が阻害されるような事があれば威力業務妨害などに問われる可能性もあります。

誹謗中傷が原因で心や体の病気になる?

誹謗中傷が原因で心や体の病気になる?

誹謗中傷が原因で精神的に毎日が辛く、苦しい方がいらっしゃると思います。その内容にもよりますが、強い人は気にせず生きていける人もいます。しかし大抵の方は、悩まれることと思います。

一度広がってしまった噂は、なかなか消すことはできません。噂話程度で収まればまだ良いのですが、ネットなどにのってしまうと、どのように生活をしていけばよいのかわからなくなる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

毎日どうすることも出来ずに悩んでいるうちに、心や体の病気になってしまうのは当然だと思います。お金があれば、弁護士さんにお願いすることも可能だと思います。

しかし、経済的に余裕のない方もいらっしゃいます。そのような方は本当にお辛いことでしょう。相手は、困らせるために悪い噂を流すのです。分かってやっているので、大変悪質です。

しかし、このような方は。きっと幸せではないはずです。そのように思って気持ちを強く持ちましょう。

もし企業が誹謗中傷にあったら?

もし企業が誹謗中傷にあったら?

もし企業が誹謗中傷にあったら、どうなるのかというと、多くの場合は損害賠償請求や名誉棄損などの法的措置を考えることが多いでしょう。誹謗中傷の内容などによって対応も変わっていくことにもなります。

また、サイトのようなところに誹謗中傷記事が掲載されているような場合は、逆SEO対策をして、そのサイトの検索順位を下げるようなこともするでしょう。記事の掲載については削除依頼を出して、出来るだけその記事が外に出回らないようにします。

そして、自分のサイト上には、誹謗中傷が事実とは異なることを記載して、自社には中傷されるようなことはないということをアピールすることになります。企業の場合は出来る限りの手を尽くして、誹謗中傷が拡販することを防ぐようにするでしょう。