男性の身体の悩みやコンプレックス改善情報ならメンジム

女性は誹謗中傷に遭い易い?

女性は誹謗中傷に遭い易い?

ネットで男性より女性の方が誹謗中傷に遭いやすいのは事実でしょう。女性は同性から敵対視されやすく、男性からはセクハラの対象にもなりやすいのが現実です。人によりますが、日ごろの行いが悪い場合にもターゲットになりやすいと言えます。女性は嫉妬しやすいです。同性を妬み攻撃する可能性はありますから、注意すべきです。また、男性とのやり取りをしていて、機嫌を損ねても攻撃の対象になります。一番良い対策は「目立たない」ようにすべきです。

男女別で遭い易い誹謗中傷

男女別で遭い易い誹謗中傷

男性が受けやすい被害としては、直接自身の容貌、肩書などに関して誹謗中傷を受けるというものがあります。過去にSNS上で誹謗中傷されてM字ハゲが進行した事もあります。例えば、東京都では、行政書士の男がネットやSNS上に経歴の誹謗中傷を繰り返し載せていたという事件もありました。女性が受けやすい被害としては、性的なダメージを与えるものがあります。ネットの掲示板に氏名、電話番号を書かれ、「援助交際希望」というコメントが書かれたために見知らぬ男性からの電話が殺到し、外に出られなくなる女性の話は非常に有名です。

誹謗中傷で起きた被害

誹謗中傷で起きた被害

相手の顔が直接見えないSNSなどオンライン上での誹謗中傷による犯罪は年々増加しつつあります。被害に遭った人たちは、学生の場合は登校拒否になる、社会人の場合は会社での地位を失う、出社拒否になる、顧客からの信頼を失う、退職に追いつめられるなどといった事が挙げられます。他にも精神状態が追い詰められ自閉症や恐怖症になったり、最終的には自殺に追い込められたりといった場合もあります。精神的のみではなく生活や人生そのものに被害を与えられます。

誹謗中傷で起きた事件

誹謗中傷で起きた事件

誹謗中傷が刑事事件になった事案として、高校生である被害者をしつこく誹謗中傷し、登校不能にまで追い詰めたというものがあります。これは、加害者が学校に電話を入れ、住所を割り出し、名前のみならず住所をネット上に公開し、被害者が転校しても同様の方法で追い詰めるという非常に悪質なものでした。加害者は「ネットで被害者のアカウントを見つけてむかついたから」という軽い動機で行っていました。この事案では、名誉棄損として判決が下りました。

誹謗中傷されたときの対処法

誹謗中傷されたときの対処法

インターネットでの誹謗中傷事案が、近年増加傾向にあります。とくに傾向としては、SNSにとって広められることも珍しくなくなりました。一旦拡散してしまうと手がつけられないため、早期の対処が必要です。匿名掲示板であれば、指定された形式に基づき削除依頼をかけることになります。ブログやSNSであれば、運営元に問い合わせるのが基本です。とはいえ、応じてもらえなかった場合は裁判を起こすことになります。誹謗中傷専門の弁護士も活躍していますので、まずは専門家に相談して、効果的な対処を行っていきましょう。